Owner’s Style 2019/03/13

よかった〜、三日坊主だけは乗り切りました〜笑 こんにちは。

自分の中でひとつの壁でした…3日の壁!^ ^

え〜と、ボトムスは昨日と同じ、DjangoAtourのフレンチワークデニムトラウザーズです。これはね、もうね、かなり履きます。ストックが欲しいと思ってます。

今日のジャケットは、DjangoAtourのDA 3B Linen JKT / ¥31800 + taxです。

Blackのリネンのカチッとした型のジャケットって使えるんですよね〜。下は何着てもきちんと感が出るでしょ〜、もう万能!もう子どもじゃないですからね〜子供の学校行事の出ごとや急なかしこまった食事の場、友人宅訪問など、さすがにこの歳になると、ある程度はちゃんとした格好しないと。って場面がありますよね。そんな時、便利。きっちりし過ぎてないのもいいんですよね。

きちんとした場は、ラペルをこうやって。ね、きちんとしてるでしょう。

普段着るときは、最初の画像のようにラペルを立てて着るのが好きですね。

中に着ているのは、 ジャンゴアトゥール のアナザーラインの最初に作られた作品#1のTail-Worque Coat and WaistcoatのWaistcoatです。そのときはお金がなくってWaistcoatのみしか買えませんでした。いま考えると無理をしてでもTail-Worque Coatも一緒に買っておくべきだったな〜と後悔しています。。。

シャツはAntiqued Linen Work Shirt / ¥23800 + tax です。こちらのシャツも昨日のシャツと同じく背面がガバッと開くバックプラケット式のプルオーバータイプのシャツです。このバックプラケット式のデザインのシャツ大好きです。このノーカラーのシャツにベストにジャケットというのも好きなバランスですね。襟があるともう少しキチンとなるんでしょうけど、まあ、このくらい力が抜けた感じが好きですね。

今日のコーディネイトのように、カジュアルなんだけどきちんとしてる。ワークなんだけど小汚くはない。こういうテーラードジャケットだと、綺麗に着ないと〜とか思っちゃうでしょ。思わないんです。破れちゃってもいいんです。綺麗なんだい?小汚いんだい?どっちな〜んだい⁈ っていう、どっちともつかない浮遊感たっぷりなスタイルが好きなんですよね。カテゴライズされるのが嫌いなんですよ。

よくお店で取り扱いされている洋服って何系?どういう系?って聞かれることがあるんですけど、結構困ります。自分で何系!って括りで考えたことがないので。僕にあったときは、聞かないでくださいね。一からトクトクと説明しますんでね、長くなりますよ。笑

それでは、また。

余韻の時間 店主